山麓エンジニアからの備忘録

クラウド・ETL/ELT・Nocode・BigQuery などを中心に書ければね。最近触ったサービス・フレームワークなどのメモ

OnsenUIを触ってみたのでタグとかのメモ

f:id:sennanvolar44:20200211003300p:plain
結構前に初めて monaca で Onsen UI を触ってみましたので、ほんの少しだけタグ中心のメモです。

Onsen UI とは

アプリ開発の際に画面を作成するためのフレームワークだそう。

ja.onsen.io

各種タグや処理の説明

<ons-navigator>

複数のHTML ファイルを操作する役割を持つ。画面上には表示されない。また、次ページ前ページへのページ遷移機能も持っている。

<ons-navigator page="初期表示ページ"></ons-navigator>

<ons-page>

Onsen UI でページを定義するために必要なタグとなる。

<ons-page>
  ・
   ・
   ・
  ・
</ons-page>

<ons-toolbar>

画面上部に表示されるツールバー

    <ons-toolbar>
        <div class="center">画面1</div>
    </ons-toolbar>

<ons-button>

画面に表示されるボタン。

        <ons-button> OKボタン</ons-button>

OKボタン押下でページ遷移する場合

<ons-button onclick="document.getElementById('id').pushPage('B.html')">
OKボタン
</ons-button>

TOP画面に戻る。内部で保持していたページの履歴もリセットされる。

<ons-button onclick="document.getElementById('id').resetToPage('TOP.html')">
TOPボタン
</ons-button>

<ons-back-button>

前の画面に戻るボタン。

<ons-back-button>Back</ons-back-button>

<ons-list>と<ons-listi-tem>

リスト形式でデータを一覧表示するためのタグ。リスト内のデータを1件ずつ扱う場合は、<ons-listitem>。

<ons-list>
 <ons-list-item>項目1</ons-list-item>
 <ons-list-item>項目2</ons-list-item>
 <ons-list-item>項目3</ons-list-item>
</ons-list>

初期処理

Onsen UI でのInit処理。

document.addEventListener("init", function(event) {
 if (event.target.id == "ページの ID") {
 //ページの初期処理
 }
});